2016年3月5日 土曜日 (13:00-17:00) に集落活動センターなかやま(高知県安芸郡安田町正弘)で ”魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興” というテーマで高知人文社会科学会主催による公開シンポジウムが開催されます。

また、会場となる集落活動センターでは、魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展や、高知県内の森林鉄道関係の写真、四国森林管理局の貴重な資料などを展示するコーナー(10:00-17:00)も同時に開催されます。

あわして、翌3月6日には特別企画として、通常、案内なしで行く事が困難な森林鉄道支線軌道跡探索コースや、田野町・奈半利町の街並みと周辺林鉄遺構を巡るコースの見学会が行われます  (シンポジウムや遺構探索などの詳しい日程や内容については、下記を見て下さい)
プリントプリント
               
             高知人文社会科学会 2015年度公開シンポジウム
・テーマ  魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興
・会 場  集落活動センターなかやま(高知県安芸郡安田町大字正弘1538)
・日 時  2016年3月5日(土)13:00-17:00
・プログラム
第 1 部  
13:00-13:05 開会挨拶 吉尾寛(高知大学人文学部 学会長)
13:05-13:20 趣旨説明 木幡尚(高知人文学部)
13:20-14:20 基調講演1 脇野博(岩手大学教育推進機構)
        「日本における森林資源開発と森林鉄道の展開・衰退」
14:20-14:50 基調講演2 赤池慎吾(高知大学地域連携推進センター)
        「国有林経営における魚梁瀬林業の位置づけ」
14:50-15:00 質疑応答
15:00-15:20   休   憩  
第 2 部 
15:20-15:30 趣旨説明
15:30-15:40 地域と関わる活動の報告1
        清岡博基(中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会会長)
        「魚梁瀬森林鉄道、保存・活用のこれまでの取り組み」
15:40-15:50 地域と関わる活動の報告2
        中村茂生(安田町ふるさと応援隊)
        「集落活動センターなかやまの森林鉄道観光活用拠点化に向けての試み」
15:50-16:00 地域と関わる活動の報告3
        岩佐光広(高知大学人文学部)
        「高知大学による魚梁瀬森林鉄道に関する調査について」
16:00ー16:10 地域と関わる活動の報告4
         飯高伸五(高知県立大学文化学部)
        「森林鉄道遺構を活用したフィールドワーク教育ー高知県立大学文化学部による北川村での取り組みからー」
16:10-17:00 コメント・ディスカッション・閉会挨拶
※ 11:00より同会場にて「優秀修士論文発表会」も開催されますので、併せてご参加下さい。

          特別企画 旧魚梁瀬森林鉄道の遺構探索と街歩き  
・日 時  2016年3月6日(天候により中止となる場合があります)  
・ルート  Aルート 旧魚梁瀬森林鉄道 中川支線跡 馬路村魚梁瀬 6人
       Bルート 旧魚梁瀬森林鉄道 西谷支線  北川村    6人
       cルート 旧魚梁瀬森林鉄道 奈半利町、田野町周辺  20人 
それぞれのルートについては、現地の状況等について最終のチェックを行っておりますので、詳しい内容等については、来週お知らせ致します。 

中山活動センター地図

コメント/トラックバック 1

少し遅くなりましたが、
皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も魚梁瀬森林鉄道への応援をよろしくお願いいたします。

さて、今朝の高知新聞で、魚梁瀬森林鉄道の聞き取り調査の記事が掲載されていました!
うれしいですね。

今、高知大学の先生方が後世に残そうと、
魚梁瀬森林鉄道で関わった営林署の職員さんや杣さん、
当時をご存知の方々に聞き取りをしています。

これまでも文化財申請や文化庁への調査資料として
聞き取り調査をしていましたが、
当時を知る方はもちろん、
保存会でも高齢化が進み、
本格的な実施を試みていただいたことには感謝します。

どんな話があるのか楽しみですね。

そして今年の保存会には、どんな出来事が待っているのでしょうか。
そんな楽しみも考えつつ、会員や関係者共々頑張っていきますよ!

 

20160109高知新聞

ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

5月より毎月開催してきた「魚梁瀬森林鉄道アート&ライブ」最終回は、10月17日(土)18時より、安田町のバンダ島隧道で開催した。

今回のライブは、高知市のウクレレ奏者 KYAS が出演して、カバー曲15曲を披露し、多彩な音色がトンネル内に響いた。

また、トンネル周辺には、キャンドル作家 藤岡さわ さんが、ライブに合わせて約2千本のろうそくの明かりで幻想的な空間を演出した。

高知新聞(バンダ島ライブ)

 

バンダ島隧道の紹介(北坑門)

バンダ島隧道
このバンダ島隧道は、明治44年に魚梁瀬森林鉄道(田野~馬路経由~魚梁瀬石仙)の下流ら2番目のトンネルとして尾根の岩盤を貫いて設けられた。全長37.6m、内法幅3,050ミリ、内法高3,494ミリ、断面形は一般的な馬蹄形ではなく、路盤に対して側壁が垂直に立ち上がり半円のアーチを載せる形式で、開通当初の姿をよく残している。
この隧道のある場所は、安田町与床から対岸の町道(旧魚梁瀬森林鉄道安田川線)に橋をわたり、上流に1キロぐらい行った所にある。
町道は昔の森林鉄道跡の面影を色濃く残しており、バンダ島隧道も町道として現在も利用されている(道幅は狭い)

コメント/トラックバック 0

りんてつ ライブ ・ 加茂隧道で開催

2015.09.26

|Category: イベント報告

今月の魚梁瀬森林鉄道ライブは、9月26日(土)午後2時より、安芸郡北川村入口にある加茂隧道で開きました。
今回は、県内を拠点に活躍しているBiscottiに出演していただき、オリジナル曲やカバー曲15曲を披露していただいた。
トンネル内に流れる心地よい風と、隧道独特の音響の中で、ギターに合わせた感情のこもった歌声に観客はライブを堪能しました。
また、ライブに先立って毎回行っている森林鉄道の話は、中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会の会長が、この隧道を通って魚梁瀬まで延びていた「魚梁瀬森林鉄道奈半利川線」の敷設から廃線までの話しや、加茂隧道の構造や特徴について説明をした後、馬路村河口隧道で好評であったSLの走行音を、今回は磐越東線で収録した8620形蒸気機関車の通過音を聞いてもらった
加茂ライブ

IMG_1627
——–加茂隧道 南坑門より撮影———–

IMG_1612
————加茂隧道 北坑門より撮影———–

加 茂 隧 道 の 紹 介(南坑門)

IMG_1125
この加茂隧道のある魚梁瀬森林鉄道奈半利川線は、昭和7年1月に開通しており、この隧道は昭和6年頃には完成していたものと思われる。隧道の全長28.1m、内法高3.9m、内法幅は路盤高3.3m、スプリングライン3.6m、側壁は切石を6段、アーチは迫石を要石まで15石積上げ、断面は馬蹄形を呈している。
平成25年頃までは構内は廃材置き場となり、ほとんど管理されず、周辺も草が生い茂り荒れ果てた状態にあった。 平成27年に「高知県まるごと東部博」が開催される事になり、中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会の中で整備の声が高まり、平成26年より同会浜渦副会長を中心に整備を進め、今回のライブ開催に漕ぎ着けた。


ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

「やなせ森林鉄道」現地講座の開催

2015.09.03

|Category: お知らせ

高新文化教室・教養講座(野外)で「魚梁瀬森林鉄道」が取り上げられました。

初回は10月10日(土)の安田町の重要文化財「森林鉄道遺産」見学から始まり、毎月1回、馬路村・北川村・奈半利町・田野町の鉄道遺産と、吉良川町の伝統的建造物を順番に巡ります。
案内して下さる方は、株式会社AREA代表取締役 溝渕博彦さんです。
溝渕さんは、文化財等を活かした地域おこしの指導をされており、中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会が、魚梁瀬森林鉄道の遺産を文化庁に重要文化財指定申請をしたときご指導を頂いた方で、現在も旧魚梁瀬森林鉄道施設保存活用計画策定協議会の依頼を受けて「保存活用計画書」を策定されております。
講座への申込み、および問い合わせは、高新文化教室(℡0887-825-4322)へしてください。

高知新聞文化財講座

コメント/トラックバック 0

りんてつアート&ライブ、小島鉄橋で開催

2015.08.08

|Category: イベント報告

東部博の音楽イベントとして毎月開催している「魚梁瀬森林鉄道ART&LIVE」8月は、北川村小島橋周辺で開催しました。

今月は、高知市のアコーデオン奏者、坂野志麻さんに出演して頂き、小島橋トラス橋に続いているガーダー橋(上の写真竹やぶの左)下の休耕田に舞台をつくり、橋の上から演奏を楽しんでもらいました。

今回は演奏だけでなく、キャンドル3千個を鉄橋やヒマワリ畑に取付、アートの世界も楽しんでもらいました。

高知新聞 2015年8月10日の地域欄 記事

高知新聞 2015年8月10日の地域欄 記事



小島橋につながるガーダー橋下の休耕田に設置した舞台およびキャンドル

小島橋につながるガーダー橋下の休耕田に設置した舞台およびキャンドル



ガーダー橋上の客席

ガーダー橋上の客席



橋長143mの二連トラス橋に設置したキャンドル

橋長143mの二連トラス橋に設置したキャンドル



キャンドルの明かりに浮かび上がった小島橋

キャンドルの明かりに浮かび上がった小島橋




ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

「魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展」開幕

2015.07.18

|Category: イベント情報

「高知家・まるごと東部博」の関連イベント「魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展」が、高知県安芸郡北川村「モネの庭」の東部博パビリオンで開幕しました。.

魚梁瀬森林鉄道は中芸地区5町村にまたがっており、それぞれの町村の鉄道遺構などを一箇所ずつ選んで再現しています。
また、魚梁瀬保存鉄道に動態保存している機関車の模型や、重文指定を受けている遺産のある場所の分かる鉄道跡地図も展示しておりますので、先ず最初にパビリオンを見学して頂き、その後、本物の遺産等の見学にお出でかけ頂きたいと思います。
モネ林鉄ジオラマ
                                                        7月19日(日)  高知新聞の記事

ジオラマ展会場、および、それぞれの模型紹介(9つの模型から成る)
ジオラマ展企画: 中芸観光協議会 東部博中芸推進委員会
制作: 高知市模型会社 サーマル工房
資料提供: 中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会

”魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展会場(北川村モネの庭・東部博中芸地区パビリオン)
IMG_1469魚梁瀬森林鉄道は中芸5ケ町村にまたがっていましたので、それぞれの町村を代表る遺構を選んでジオラマで再現しております。.

模型第1号 ”二股橋”(重文指定遺産・北川村)1/45縮尺
IMG_1478昭和15年に建設された無筋コンクリート造りの充腹式二連アーチ橋です。(橋長46.9m、スパン20m)

模型第2号 ”明神口橋”(重文指定遺産・安田町)1/45縮尺

開通当初はヒノキ材を使った木橋として建設されたが、昭和4年に鋼製トラス橋に架け替えられている。全長43.2mある。

開通当初はヒノキ材を使った木橋のトラス橋として建設されたが、昭和4年に鋼製トラス橋に架け替えられています。全長は43.2mあります。



模型第3号 ”オオムカエ隧道”(重文指定遺産・安田町)1/45縮尺
明神口橋の直ぐ下流にあるのがオオムカエ隧道です。この隧道は半分が石積で、あと半分は素掘りの隧道でした。現在、素掘りの部分に崩壊場所が出来て鉄板とコンクリートで補強しております。このジオラマでは補強前の姿を再現しました。

明神口橋の直ぐ下流にあるのがオオムカエ隧道です。この隧道は半分が石積で、あと半分は素掘りの隧道でした。現在、素掘りの部分に崩壊場所ができ鉄板とコンクリートで補強しております。このジオラマでは補強前の素掘りの姿を再現しました。



模型第4号 ”インクライン”(馬路村)1/45縮尺
現在では、山中に面影を残すものが埋没してしまって、昔の姿を見る事が出来ませんので、写真から再現しました。

インクライン跡は、現在では山中に埋没してしまって、インクラインのあった場所を探すのも苦労するような状況になっています。このジオラマは、当時の写真を手本にして再現しました。



模型第5号 ”馬路営林署土場NO1”(馬路村)1/80縮尺
左端橋の五味隧道をぬけると馬路営林署土場に着きます。

左端の五味隧道をぬけると馬路営林署土場に着きます。各事業所から運ばれてきた材木〈貨車)は、この土場で20~30両に再編成して、田野町の貯木場に運ばれていました。



模型第6号 ”馬路営林署土場NO2”(馬路村)1/80縮尺
馬路営林署や運輸事務所、なども再現しました。現在、馬路営林署は馬路村農協本所になっています。

馬路営林署周辺に運輸事務所、修理工場、機関庫、電話交換所、署員や従業員の社宅、共同風呂、購買所などがありました。現在、馬路営林署(右端)は馬路村農協本所になっています。



模型第7号 ”立岡2号桟道” (田野町)1/45縮尺
魚梁瀬を出発した機関車(平均して40両連結)は立岡分岐で田野か奈半利の貯木場行化が決まります。奈半利貯木場行は、この桟道と奈半利鉄橋を渡って 行きます。

魚梁瀬を出発した機関車(平均して40両連結)は立岡分岐で田野貯木場に行くのか、奈半利貯木場行に行くのか分かれます。奈半利貯木場行は、この桟道を通り奈半利鉄橋を渡って奈半利貯木場に行きます。



模型第8号 ”奈半利貯木場桟橋” (奈半利町)1/80縮尺
奈半利貯木場には関西方面え材木を船に積み込む桟橋がありました(田野貯木場にもあった)その当時は港がなかったので貯木場から桟橋までトロッコに積んできて海に落とし、船に積んでいました。

奈半利貯木場には関西方面え材木を船に積み込む桟橋がありました(田野貯木場にもあった)その当時は港がなかったので貯木場から桟橋までトロッコに積んできて海に落とし、船に積んでいました。

模型第9号 ”野村式L69号ディーゼル機関車”1/10縮尺
[caption id="attachment_3540" align="aligncenter" width="620"]平成元年に(株)垣内で修復を行い、平成3年より魚梁瀬保存森林鉄道で動態保存をしている。 平成元年に(株)垣内で修復を行い、平成3年より魚梁瀬保存森林鉄道で動態保存をしながら走らしている。



模型第10号 ”谷村式ディーゼル機関車機関車1/10縮尺
垣内保夫氏が復元して馬路村が寄贈をうけた機関車である。現在魚梁瀬保存鉄道で走っている。

垣内保夫氏が谷村鉄工所に勤めていた時の記憶をたどって復元し、馬路村に寄贈した機関車です。現在、魚梁瀬保存鉄道で走っています。



模型11号 ”魚梁瀬森林鉄道路線図 1/20000縮尺中芸地区5ケ町村にまたがっていた魚梁瀬森林鉄道本線(安田川線・奈半利川線)の路線図に重文指定をうけた遺産のある場所および連絡便の駅名を 魚梁瀬森林鉄道路線図です。(安田川線・奈半利川線)
(重文指定をうけた遺産のある場所および連絡便の駅名も入れました)

ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2

副会長の句集が新聞に!

2015.07.07

|Category: 日記

今日の高知新聞をめくると、
見たことのあるお顔が!!!
IMG_1966
我ら保存会の副会長で、旧高知営林局出身の矢田光央さんが、
長年綴ってこられた俳句を
一冊の本にまとめられたそうです。

営林署では、俳句や野球、寒蘭などを
趣味として楽しむグループもあったそうで、
そのなかで矢田さんは俳句に魅せられたお一人。

北川村木積出身で、今ではユズを植えたり、
中芸地域の祭りやガイド、
山の活動にも積極的に協力してくれる矢田さん。
もちろん林鉄保存会にもいろんなアイデアを出して
活動してくれています。

だからまだまだ、俳句は増えていくでしょうね。

その作句に使われるように、
保存会も精力的に活動していかないといきませんね!!


ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

5月より毎月開催している「まるごと東部博”魚梁瀬森林鉄道鉄道アート&ライブ”」の7月開催は、馬路村魚梁瀬の丸山公園にある魚梁瀬保存森林鉄道駅舎前で行います。
今月は、7月18日(土)午後4時より5時まで、アコーディオン、バンジョー、トイピアノ、パーカッションなどを使い、主にフランスの曲をカバーする3人組「クロパンクロポン」に演奏してもらう予定になっています。
また、演奏に先立っての森林鉄道の話は、魚梁瀬森林鉄道の本を出され、馬路村の観光大使でもあります兵庫県芦屋市の舛本成行氏にしていただきます。
P1040876a IMG_1242 
当日は、同じ会場でフェスティバル魚梁瀬も開催され、森林鉄道に半額で乗る事ができます。

ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

魚梁瀬森林鉄道「河口隧道」でライブ

2015.06.20

|Category: イベント報告

「高知家・まるごと東部博」音楽イベント「魚梁瀬森林鉄道ART&LIVE」を6月20日午後2時より、高知県安芸郡馬路村の中心地から10分くらい行った所にある河口(こうぐち)隧道で開いた。
今月は京都を拠点に活動しているアコースティックトリオ「ザッハトルテ」に出演してもらった。
ランタンとキャンドルの明かりが、隧道の石積に反射し、独特の雰囲気を漂わせる会場で、アコーディオン・チェロ・ギターによるヨーロッパの古き良き大衆音楽の雰囲気を取り入れた彩り豊かなオリジナル曲が演奏された。
3人のリズミカルで一体感のある演奏と、トンネル独特の音響効果があいまって迫力ある演奏会となり150人が酔いしれた。
河口隧道ライブ(小)
IMG_1396

” 河 口 隧 道 の 紹 介 ”
魚梁瀬森林鉄道には重要文化財の指定をうけた隧道が6つある。
今回、ライブを行う事になった「河口隧道」は、魚梁瀬森林鉄道安田川線の下流から数えて8番目(大正4年)に建設された隧道である。
内法幅3メートル・内法高3.5メートル・全長89.9メートルである。
側壁は切石を6段、路盤に対して垂直に積み上げ、丸天井のアーチが載る形式である(安田川線の隧道は馬蹄型断面になっていない)
入口の隅石、右側の最上段に8番目の隧道である「Ⅷ」のローマ数字が刻印されている。
現在、村道として利用されているが、浸食によって丸天井の石が落下し2ケ所で鉄板を巻いている。
IMG_1399 IMG_1394_1

ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0