第2回「魚梁瀬森林鉄道日本遺産協議会」ストーリ―部会、活性策部会、合同部会が安田町文化センターで開催された。
ストーリー部会では、赤池部長より前回のワークショップ等で出された意見等を踏まえて作成したストーリー案で8月30日に文化庁文化財部のヒヤリングをうけた結果報告がなされた。
活性策部会では、馬路村や中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会が今まで行ってきた活動について依光部長より報告を行った後、今後の活性策案についてワークシ ョップ形式で協議を行った。


ス ト ー リ ー 部 会
2回部会報告
今回、文化庁に提出したストーリー案は、観光客が中芸地区に来てみたいという魅力あるストーリーになっていないので、次回には何件かのストーリー案を作成して持って来いと言われている。
よって、各部員又はグループで、お配りした文化庁担当官より指摘及び指導をうけた事項等を参考にして、ストーリー案を200字にまとめて9月20日までに提出して欲しいと言う要請が部長よりあった。


活 性 化 策 部 会
2回部会発表
4グループに分かれて活性策案を検討し最後にそれぞれのグループから発表が行われた。
廃校を活用した森林鉄道のビジターセンターつくりや森林鉄道跡で機関車を走らすなど多くの意見が出された。

コメント/トラックバック 0

第1回運営委員会が開催され、運営委員会副委員長に清岡博基中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会会長・ストーリー部会長に赤池慎吾高知大学特任講師・活性化策部会長に依光香代子県東部観光協議会事務局長が選任された。

引き続き開催された、合同ストーリー部会、活性策部会では、それぞれの部会の役割について説明が行われ、その後ストーリー部会では林鉄にまつわる地域資源の抽出についてワークショップが行われた。
日本遺産記事(28.8.2)_0003

コメント/トラックバック 0

魚梁瀬森林鉄道を日本遺産の認定をうけて中芸地区の観光に活かして行こうという声が高まり、結成準備を進めていた「魚梁瀬森林鉄道日本遺産推進協議会」発足した。
会は中芸5町村の首長や地元11団体の関係者が出席し、会長に黒岩之浩安田町長が就任した。
また、運営委員会委員長には南順一安田町副町長が指名された。
(協議会は、役員会・運営委員会・ストーリー部会・活性化策部会からなる)
日本遺産記事(28.8.2)_0002

コメント/トラックバック 0

平成28年度事業計画で予定されている日本遺産認定申請への取組支援と、高知市内の藁工ミユージアムで開催予定の「高知の森林鉄度展」について協議を行った。
その協議内容は次の通りである。
1.魚梁瀬森林鉄道の日本遺産申請に向けて中芸5ケ町村が結成を進めている推進協議会つくりへの経過報告や、会の規約等の内容について説明をうけた。
2.「魚梁瀬森林鉄道」日本遺産推進協議会の中に設置予定の「ストーリー部会」および「活性化部会」の部員として参加する事について協議をした。(役員だけでなく会員にも広く呼びかける事になった)
3.「高知の森林鉄道展」について、会期は10月15日から12月11日までと決定し、展覧会の概要について事務局より説明を行った。(魚梁瀬の機関車(酒井3.5トン車)の展示等、具体的な内容についても検討した)
日本遺産記事(28.8.2)_0001

コメント/トラックバック 0

文化庁が2015年に創設し、2020年までに100件程度の認定を行う事になっている「日本遺産」の2017年認定に向けて、高知県中芸地区の5町村の行政、民間団体が連携して申請に取組む事になった。
この事業については、5月末に開催された中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会の総会で、平成28年度事業計画として申請に全面的に協力をしてゆく事が決定されたが、この事業の申請団体が行政でなけれならない事から、「保存活用する会」では5町村をまわり日本遺産申請への協力要請を行い、6月6日に開催された中芸広域連合の首長会で申請をすることに合意した。
今後は、これをうけて実行委員会を立上げ、来年1月の申請に向けて具体的な観光活用策を協議してゆく事になる。

日本遺産記事

コメント/トラックバック 0

魚梁瀬森林鉄道施設は、平成20年に、中芸地区森林鉄道遺産調査報告書に取りまとめられ、翌年6月に9基、5所、附4ケ所が国の重要文化財の指定をうけ観光等に活用されてきたが、近年は経年による老朽化と風水害等による腐食が進み、修復工事が必要と思われる施設が増加してきている。
そこで、平成26年度に中芸地区5町村(安田町、田野町、奈半利町、北川村、馬路村)と関係機関で旧魚梁瀬森林鉄道施設保存活用計画策定協議会を組織し、文化財の損傷状況や周辺の環境を含めた現地調査を実施して、保存と修復、そして今後の活用の方策が取りまとめられた。
そして、先般、文化庁文化財部参事官より計画書を受理した旨通知があったので、5月31日に保存活用策定協議会の総会を開催し、事業報告、決算とあわして製本された「重要文化財・旧魚梁瀬森林鉄道施設保存活用計画書」を関係団体等に配布する事になった。
また、文化庁の指導もあり、新しい組織を結成して、この計画書による保存・修理、活用の取組をして行くことになった。

旧魚梁瀬森林鉄道施設保存活用計画策定協議会総会
(平成28年5月31日開催)田野町ふれあいセンター
保存協議会
会 員 名 簿
会 長  馬路村教育委員会  教育長  清 岡 明 徳
副会長  田野町教育委員会  教育長  常 石 博 高
副会長  安田町教育委員会  教育長  山  本  誠
監 事  奈半利町教育委員会 教育長  竹 崎 和 伸
監 事  北川村教育委員会  教育長  田 中 勝 之
会 員  高知県安芸土木事務所  課長  窪 内 雅 弘(維持管理課)
会 員  田野八幡宮  宮司  南 和 仁
会 員  中芸観光協議会 会長  林 田 千  秋
会 員  中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会  会 長  清 岡 博 基
会 員  中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会  副会長  矢 田 光 央
オブザーバー 清水真一(徳島文理大学) 重山陽一郎(高知工科大学) 北川大次郎(文化庁文化財部参事官)
金子健(文化庁文化財部参事官) 廣田佳久(高知県教育委員会文化財課)
樋口裕也(地域支援企画員) 小谷尚二郎(地域企画員)
調査事務所 (株)AREA 代表取締役 溝渕博彦

旧魚梁瀬森林鉄道施設保存活用計画書(A4 163P)
IMG_1753
目 次
第1章 計画の概要(計画の作成・文化財の名称等・文化財の概要・文化財保護の経緯・保護の現状と課題・計画の概要)
第2章 保存管理計画(保存管理の現状・保護の方針・文化財物件の範囲・管理計画・修理計画)

第3章 環境保全計画(現状と課題・基本方針・区分の区分と保全方針・災害上の課題と対策)
第4章 防災計画(防災計画・防火、防犯対策・耐震対策・耐風対策・その他の災害対策)
第5章 活用計画(公開その他の活用の基本方針・公開計画・活用基本計画・実施に向けての課題)
第6章 保護に係る手続き(文化庁長官への届出を必要とする場合・文化庁長官の許可を必要とする場合・保存活用計画に係る手続き)
資 料 現状写真、旧魚梁瀬森林鉄道関係古写真

コメント/トラックバック 0

平成28年度中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会定期総会が5月28日に安田町の「集落活動センターなかやま」で開催されました。 平成27年の事業報告では、東部博による森林鉄道遺産跡でのライブやアートの開催事業(5回)や高知大学と連携して進めている森林鉄道聞取り調査などについて報告がなされ、また28年度事業計画では、文化庁「日本遺産」への申請などの計画が協議されました。
そして、清岡会長が兼務していた事務局長を中村茂生さん(安田町ふるさと応援隊、集落支援員)と交代し、事務局を〒781-6430 高知県安芸郡安田町正弘1538、「集落活動センターなかやま」内に置く事になりましたIMG_1727
総会で決定された平成28年度事業計画は次の通りです
1.平成27年度より実施している高知大学・安田町・中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会の3者連携による「魚梁瀬森林鉄道に関わる聞取り調査事業」を本年度も継続して実施する。
2.魚梁瀬森林鉄道を、平成29年度の文化庁「日本遺産」認定を目指し、中芸5ケ町村と連携して中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会が中心になって申請手続きを行う。
3.魚梁瀬森林鉄道の記録と歴史をめぐる写真のアーカイブス化を高知大学と連携して実施する。
4.安田町、「集落活動センターなかやま」を核とした、魚梁瀬森林鉄道、中芸地区観光活用拠点化計画を推進して行く。
5.藁工ミュージアム(高知市)と共催で、高知県の森林鉄道をテーマにした展示会やイベントを開催する。
6.魚梁瀬森林鉄道の隧道を使ったライブを開催する。

総会に引き続き、林鉄セミナーを開催しました。
今回は、高知大学人文学部准教授の岩佐光弘先生と、高知大学地域連携推進センター特任講師の赤池慎吾先生にお話をしていただきました。IMG_1735
岩佐光弘先生の話
魚梁瀬森林鉄道と暮らしの諸相:文化人類学の視点から」と言うテーマで、現在進めている森林鉄道聞き取り調査は、森林鉄道関連の事だけでなく、鉄道が活躍した時代の住民生活にまで踏み込んで調査を進めていく必要がある。そうすればその時代の本当の姿が見えてくる。また現在、取組んでいる保存活動についてもしっかり記録を残して行く事が将来につながってくると言うようなお話しでした。

赤池慎吾先生の話
「魚梁瀬林業はどのようにして作られたのか:近世から近代への継承」というテーマで、藩政時代の「お留山」として、また、明治以降の国有林として、管理運営がなされるようになった魚梁瀬の山の、埋蔵量や樹種の分布、山の管理、搬出方法などについて、昔の文献等で調査研究してきた事を踏まえた話をしていただきました。大変興味深い内容でした

コメント/トラックバック 0

魚梁瀬森林鉄道西谷支線跡の遺構探索

2016.03.06

|Category: イベント報告

高知人文社会科学会 2015年度公開シンポジウムの一環として、中山を元気にする会と、中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会がシンポの翌日、3月6日(日)に企画した「魚梁瀬森林鉄道の遺構を訪ねる」モニターツアーは、天候の関係で、奈半利町・田野町の林鉄遺構や文化財を巡るコースは実施されたが、北川村西谷支線を探索するコースは、高知県観光コンベンション協会よりストップがかかり実施されなかった。

しかし、県外からシンポに出席をされ方で西谷支線跡を是非見たいという申込みがあり、個人的な取扱として中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会の矢田副会長、清岡会長の案内で3名の方を案内した。

—————9:00 田野町ふれあいセンター(出発)-西谷事業所跡-木橋ーインクライン跡-馬路さま祠-切通や素掘りの隧道跡-長山橋脚跡-加茂隧道-立岡桟道-田野駅-ふれあいセンタ(着)—————-

素掘りの隧道跡(西谷支線)
IMG_1664
調査がまだ十分なされていないので詳しい事が分かっていないが、洞窟の一部を素掘りして森林鉄道の隧道として使用していたのではないかと思われる。この隧道の周辺には軌道跡の石積みも多く残っている。

切 通 し(西谷支線)
IMG_1666
切通しが連続して続き、その先に隧道がある。

長山橋脚跡(西谷支線)
IMG_1671
本線(魚梁瀬森林鉄道奈半利川線)より西谷支線に入って直ぐの場所にある。

コメント/トラックバック 0

高知大学森林鉄道シンポジウム開催される

2016.03.05

|Category: イベント報告

3月5日(土)午後1時より、高知県安田町正弘の集落活動センターで「魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興」というテーマで、高知大学人文社会科学会主催によるシンポジウムが開催された。

第1部では、岩手大学の脇野博先生から、日本の森林鉄道の展開や衰退について、高知大学の赤池慎吾さんからは魚梁瀬営林署を中心とした国有林のこれまでの木材生産の状況等について基調講演が行われた。

第2部は、中芸地区森林鉄道遺産を保存活用する会の清岡博基から、魚梁瀬森林鉄道のこれまでの取り組み報告がなされ、それをうけて 安田町ふるさと応援隊の中村茂生さんから、これからの集落活動センターなかやまを拠点とした魚梁瀬森林鉄道の保存と活用への取り組みについて提案がなされた。
また、高知大学の岩佐光広先生からは現在行っている林鉄の聞取り調査報告、高知県立大学の飯高伸五先生からは北川村での林鉄遺構を活用したフィールドワーク教育の取り組みが報告された。


また、シンポ会場の隣では、県内の森林軌道の写真展が開催され、それぞれ取り組みをしている団体の情報交換も行われた。
あわして新聞で呼びかけた昔の林鉄関係写真提供には、多くの写真が持ち込まれ、スキャニングとデーター保存を行った。


当日のシンポには、予想をはるかに超す140名の出席があり、会場に入りきれず、廊下にあふれるほどであった。
高知大シンポ

高知人文社会科学会 2015年度シンポジウム会場(集落活動センターなかやま)IMG_1642
プログラム(13:00-17:0)
「第1部」基調講演1 脇野博(岩手大学教育推進機構)日本における森林資源開発と森林鉄道の展開・衰退
     基調講演2 赤池慎吾(高知大学地域連携推進センター)国有林経営における魚梁瀬林業の位置づけ
「第2部」地域と関わる活動の報告
     清岡博基(森林鉄道遺産を保存・活用する会会長)魚梁瀬森林鉄道保存・活用のこれまでの取組
     中村茂生(安田町ふるさと応援隊)集落活動センター中山の魚梁瀬森林鉄道観光活用拠点化に向けての試み
     岩佐光広(高知大学人文学部)高知大学による魚梁瀬森林鉄道に関する調査について
     飯高伸五(高知県立大学文化学部 林鉄遺構を活用したフィールドワーク教育ー北川村での取組から

高知県内の森林軌道写真展会場(集落活動センターなかやま)
IMG_1638
=== 展示森林軌道 ===
・黒尊林道(四万十市) ・大正林道(四万十市) ・長沢林道(いの町) ・伊尾木林道(安芸市)

コメント/トラックバック 0

3月5日に開催される「魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興」シンポジウムの特別企画(3月6日)として実施される北川村西谷支線跡の遺構見学と、奈半利町・田野町のまち歩きコースの日程等が決まりましたのでお知らせ致します。

北川村西谷支線跡コース
9:00 田野駅集合-田野町ふれあいセンター(DVD鑑賞)-立岡2号桟道・加茂隧道・西谷線インクライン跡見学(徒歩30分)- 馬路さま祠(昼食)- 木橋見学(徒歩20分)- 事業所跡- 軌道跡、隧道見学(徒歩60分)-15:00 田野駅着
◆旅行代金 (大人一人につき)1,800円(タクシー代、ガイド料、昼食代、保険料を含む)
◆旅行日 平成28年3月6日(日)
◆集合場所 田野駅又は田野町ふれあいセンター(車の方は田野町ふれあいセンター)
◆解散場所 田野駅又は田野町ふれあいセンター
◆利用交通機関 つばめハイヤー
◆募集人員 6名
◆申込条件 ・高校生以上  ・アンケート記入
◆食事 昼食1回
◆添乗員 同行します。その他現地ガイド同行
注意事項 ・軽装、汚れてよい服装 ・濡れても大丈夫な靴 ・リユックの準備 ・水筒の用意 ・レインコートの準備

奈半利町・田野町街歩きコース
9:00奈半利駅集合-奈半利町並み散策(徒歩1時間30分見学)-藤村製紙(昼食)- 田野駅– 田野町並み散策(徒歩2時間見学)-15:00田野駅
◆旅行代金 (大人一人につき)2,000円(ガイド料、昼食代、施設入館料、保険料を含む)
       ※奈半利駅~田野駅間の鉄道運賃は含みません(別途運賃210円必要)
◆旅行日 3月6日(日)
◆集合場所 奈半利駅(車の方は奈半利駅駐車場が利用できます)
◆解散場所 奈半利駅
◆募集人員 16名
◆申込条件 アンケート記入
◆食事 昼食1回
◆添乗員 同行します。その他ガイドも同行
◆注意事項 水筒の用意やレインコートなどを準備ください

お問合せ、お申込み先
高知県観光コンベンション協会
住所  高知市丸の内1丁目2番20号
TEL  088-823-1434
担当  久木田・松本
営業日・営業時間 平日 8:30~17:15 

コメント/トラックバック 0