魚梁瀬森林鉄道を日本遺産の認定をうけて中芸地区の観光に活かして行こうという声が高まり、結成準備を進めていた「魚梁瀬森林鉄道日本遺産推進協議会」発足した。
会は中芸5町村の首長や地元11団体の関係者が出席し、会長に黒岩之浩安田町長が就任した。
また、運営委員会委員長には南順一安田町副町長が指名された。
(協議会は、役員会・運営委員会・ストーリー部会・活性化策部会からなる)
日本遺産記事(28.8.2)_0002

コメント/トラックバック 0