林鉄基礎研修

2012.01.29

|Category: 日記

1/27(金)の朝8:30から、「林鉄基礎研修」と題した、中芸の観光関係者の方々に
魚梁瀬森林鉄道の遺構やその周辺の観光施設や地域の特色、
そしてそれぞれの施設や環境で感心したこと、改善すべき点などを
それぞれの視点で見てみようと、集まってもらいました。

田野駅屋を8:40に出発。
本日のガイド清岡博之さんに進行をお願いし、まずは「北川村モネの庭マルモッタン」へ。


「モネの庭」の庭担当の川上さんに庭園内をご説明してもらい、
花や緑などの色彩で見る美しさや、温度が下がる秋がキレイに色が映えるなど、
いろんなポイントを教えてくれました。
最後に「私を地域で使ってほしい」と、モネの庭以外で出来ることはあります、とおっしゃてました。


さて続いて北川村ではおなじみの「中岡慎太郎館」では、学芸員の豊田さんに、
慎太郎の歴史を現代と照らし合わせた分かりやすい解説をしてもらいました。


次は森林鉄道の遺構「小島橋」です。
国道493号を工事している磯部組の宗崎さんに、壊す前の石積みをきれいに磨き
それをまた積み直す、現在では石工さんも少なくなり、その技術も受け継がれなくなった事でしょうから、大変な作業だったと思います。本当にありがとうございました。
2月中頃に一般の方も利用できるようになるそうです。


その次は、森林鉄道の遺構「二股橋」に寄って、
次の「堀ヶ生橋」では皆さんに橋の下に降りてもらいました。
遊歩道が出来たんです!きっと降りやすくなったはず!

真ん中の白い上着の方が、げっ!こけた・・・。

ふるさとセンターの安養寺さんも恐る恐る、

手すりがないと・・・。

「妙ちゃんキツイで!ありゃイカン!コワい!」と田野町の川田先生に怒られました。
すみません。ちょっと考えます。。。


さあ、気持ちは機関車に行きましょう!
魚梁瀬に上がって来ました。
魚梁瀬ダムで加藤登紀子さんのロックフィルダムコンサートや天狗森、甚吉森の話の場所を説明し、魚梁瀬の丸山公園へ。

公園では四万十高校生が研修で千本山に登っていたようで、賑やかでした。
昼食は「杉の家」であめごの南蛮漬けやゆずの佃煮などを食べ、
井上光司郎さんに機関車のご説明を受け、さあ「命の補償はいたしません」、いってらっしゃい!


運転体験もできると聞いて、操縦席に興味津津の男性達。
やっぱり機械ものは好きですよね、男性は。


昼食と機関車体験の後、馬路村へ移動。
途中、森林鉄道の遺構「犬吠橋(いぬぼうばし)」で下車。
赤いトラス橋や建設当時の写真を見せて説明しました。


馬路村に着いて、遺構の「河口隧道」の中を入り、「ココになんて書いてあるろか?」と、
馬路温泉3人娘に質問する博之さん。ちょっと嬉しそうな顔。


この後は、おなじみのコース、「馬路村農協」→「五味隧道」→「ふるさとセンター」→「明神口橋」→「オオムカエ隧道」→「味工房じねん」に寄り、
田野町で「立岡二号桟道」に立ち寄りました。
私、行っていいのかいつも疑問だったこの桟道の渡りを初めてして、
高所恐怖症でしたが、すっごくワクワク感もあり、ついに渡ってしまいました。
ココで何かしたい!!


最後に田野駅屋に到着し、研修者の皆さんに振り返ってそれぞれの視点でのご意見をお聞きしました。

「トイレをきれいにした方が気持ちがえいわね」
「接客に笑顔や気配りが必要」
「林鉄プラス@で滞在時間を増やす」
「もう少しゆっくりしたい」
「熱い想いの人材がたくさんいるんだから、もっと発揮できる場が必要」
「季節や場所でチョイスする」
「都会人が楽しめる場所」
「マニアックなツアー」
「模型やびっくりするようなものがほしい」
など、たくさんのご意見と改めて自分の地域を磨き直す時間になったと口ぐちに出てきました。

私も、まずはゴミを拾うことから始めようと思いました。
目に着いた所から!

2012年も林鉄頑張ります!

ランキング参加中!
林鉄ファンになってください!クリックお願いします?
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

マニアの方はこちらもクリック?
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村


コメント/トラックバック 5