高知新聞の記事に感銘!

2011.04.20

|Category: 日記

『明珠在掌』
特に信仰心に豊かという訳ではないですが、
4月17日(日)の高知新聞朝刊の記事に載っていた言葉で、感激しました。

3月31日に安田町で行われた東洋研究家でコーディネーターとして活躍されているアレックス・カー氏の講演会の一言を、高知新聞中芸支局の井上さんがこんなすてきな文章にしてくれ、私、とても涙が出そうでした。

森林鉄道遺産を中芸地域の『宝』として取り上げてくれ、
新聞で地域の方々に伝えてくれる。

私、心臓を刺されたようで、
森林鉄道保存に携わっている者すべての代弁者となってくれたようでうれしかったです。

新聞の力ってすごいですね。

時々メディア関係のみなさまとお話することがありますが、
本当に「人に伝える」というテクニックにはいつも感動しています。

まだまだ走り始めた『中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会』。
まだまだ足りない物がたくさんありますが、
着実に、そしてまだ掘り起こさなければならない物を追求して、
より多くの方々が地域の『宝』と口にしてくれることを想像し、走って行きたいです。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2

umaji

2011.04.14

|Category: 日記


買ってしまった。

本当にいつも思うんです。「くやしい」って。
馬路村の企画力と行動力には「くやしい」がいっぱいです!

また「くやしい」と思ったものです↓↓↓

「umaji」化粧品の基礎化粧品なんか作っちゃって・・・。
けど買っちゃった。
負けました。


しかも箱のパッケージが「魚梁瀬ダム」。
森林鉄道に関わっている私としては本当に「くやしい」。
ダムの水が満水の写真から想像するこの商品企画は、
水分たっぷりでお肌うるおい、ってことでしょうか?


あと、このネーミング。
「まもる」って。どればー守ってるくれるがーか試しちゃう!

私が買ったセットはクレンジングオイル(200ml¥1,800)、化粧水(200ml¥1,800)、クリーム(30ml¥2,400)で¥6,000に
さらに今ならピュアシードオイル(30ml¥2,500)が着いてくるのを買っちゃって、
しかも馬路村農協やふるさとセンターまかいちょって家など馬路村内で買うと
¥5,400で買えました。

だから買ったというわけではありませんが・・・。

ご購入はこちら?
馬路村農業協同組合
ご注文・カタログ請求: ?0120-559-659 受付24時間 http://www.yuzu.or.jp
お問い合わせ:?0120-059-259(馬路村ゆず化粧品事業部 受付8:30?17:00 土日祝日休)


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 1

雁巻の窓が開けた!

2011.04.13

|Category:

「雁巻が通れるようになったき、連れていっちゃる」とお声がかかり、
今日行ってきました、馬路村魚梁瀬の雁巻山の林道へ。


雁巻林道に行く途中、現在季節の関係で魚梁瀬ダムの水量が少なくなっているから、こんな森林鉄道の橋脚の跡が見えます。
ダメだぁ?、この橋の名前が思い出せない。枦山さぁ?ん、また聞きに行きます。

これは上の橋の向こう側におそらく橋から続いていただろう、隧道の跡と石積みの跡。
水量が少なくなってもガッカリせず、その時期の観察も大事です。


続いてどんどん奥に進むと、『泉橋』が見えてきました。
これは現在の『泉橋』。
3月末に『馬路村公認 魚梁瀬山の案内人』のみなさんが草や木を刈って、周辺の景観と当時の林鉄技術を出してくれたんです。
それが↓これ。

鑑識さんに着いていきますと、


林鉄当時の石積み『泉橋』が現れました。
この高さの橋脚をダイナミックに写真に収めたいのですが・・・。


そして本題の『雁巻』ですが、私が11月頃に来た時はこんな下に降りていく道はココにはありませんでした。
今回、林鉄の軌道と石積みを思いっきり前面出し、歩きやすく、当時の面影も見せる整理になりました。

少しづつ不思議な感じで降りて行くと、


きれいな石積みとその間に歩道があったり、なんかその当時の生活風景が見えてきます。
山の案内人の枦山会長に話を聞くと、上は配給所でもあったのではないだろうかと話してくれ、その配給所に上り降りする歩道ではあったんじゃないかとおっしゃってました。
そして、私と枦山会長が軌道跡を歩いてみました。


で、以前はこの道?崖道?を降りて行ってたんですが、


なっ、何これ?
うそやろうぉーーーーー!!!!
道があるぅぅーーーーーー!!!!!
ここはロープをつたって、シダなんかもいっぱい生えてて、「本当に行けるんですか?」って恐々渡ったあの道じゃない谷みたいなところだったんですよ!


しかも、この隧道の先は土砂で埋もれてたのに、
向こうが見える!?


総延長約250m。
まさかこの『雁巻』の隧道の向こう側へ行けるとは思ってもいませんでした。


地上に上がると、こんな舗装はされてはいませんが、軽トラなら行ける道ですが、
まだまだ一般には開放していません。

しかし、5月22日(日)にこの道のお披露目を兼ねたウォーキングをします。
(ウォーキングなんて言葉が出るようなところじゃなかったのに・・・・

ご興味のある方は、馬路村役場魚梁瀬支所にお問い合わせください。
馬路村役場魚梁瀬支所 ?:0887?43?2211

はぁ?、魂げた。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2

今日4月10日(日)、職場による前にふらっと呼ばれた場所、『二十三士温泉』。


安芸郡田野町の奈半利川橋西詰めを北側に入るとあります。


奈半利川を前に桜がきれいですね。


お花見に来ている家族やお仲間連れのグループがたくさん賑わっていました。


ここが『二十三士温泉』。
住所:安芸郡田野町636?1
?:0887?32?1210
営業時間:(入浴)7:00?21:00 (宿泊)IN15:00? OUT?10:00
定休日:年休無休


幕末の世、土佐勤王党弾圧で投獄された武市半平太(瑞山)らを釈放と勤王党の思いを貫くため嘆願書を差し出したものの、調査もないまま処刑となった、清岡道之助率いる23人の若き志士の無念と継承するため、この『二十三士温泉』ができ、処刑の地である河原は『二十三士公園』となりました。





その北側に車を走らせると、森林鉄道遺産の立岡第二桟道(←詳しくはこちらをクリック)があります。
今日は晴天で田んぼにはれんげ花がびっしり咲き誇り、すっごく春らしくってきれいでした。

半径500メートルの範囲で幕末から昭和にかけて、土佐勤王党・清岡道之助、二十三士、浜口雄幸、森林鉄道などなど歴史がたくさんあることに驚きとまだまだあるんじゃないかと探究心が湧いてきました。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2

中芸広域連合の駐車場より

2011.04.08

|Category: 日記

私が事務所をお借りしている『中芸広域連合 ?結の丘ドーム?』の桜がほぼ満開になっています。
ちょこちょこお昼のお弁当を食べに来たり、写真を撮りに来たりしている方もいるみたいで、
太平洋も眺めれるので、すごく爽快で気持ちのいい場所です。




芝桜も目が覚めるほどの鮮やかさ。




結の丘ドームでは、バドミントンやバレーボール、スカッシュバレー、フットサルなどできるアリーナ(体育館)や
大中小の会議室、トレーニングマシーンも備わったジム、シャワー室もあり、
料金も地域のみなさんが使いやすい価格になっています。
場所はこちら?

大きな地図で見る
て、地図を出しても分かりにくいんです。山の中なんで。

てことでこの順番でどうぞ。
まず安芸市方面から室戸市方面へ向かうと『輝ぽーと安田』が見えたら、


三叉路を馬路村方面・北向きに。


そのまま真っすぐ走り、右手上部に安田駅と線路が見えてきます。
そこを右に曲がり、


線路沿いを走ると遥か山に大きな屋根が見えてきます。それを目指して。


その先の三叉路を右に曲がります。

次に左。


畑とごめん・なはり線の間にちょっときれいめな車道を走ります。


ちょっと不安な車道をひたすら上がると、ちょいちょい木製の看板が見えてきます。


突き当たった道を右手に曲がり、


ここでやっと左に曲がると到着。


【お問い合わせ】
結いの丘ドーム(中芸広域体育館)
?:0887?38?6288 Fax:0887?32?1189
住所:高知県安芸郡安田町東島2017番地
HP: http://www.chugei.or.jp/rengou/開館時間:9:00?21:30
休館日:年末年始(12/29?1/3)


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 1

4月4日(月)に南国社会保険事務所へ行く道中、
気になってた高知東部自動車道芸西インターの一部開通道に意を決して通ってみました。
高速道路とか高規格道路なんて運転したことないから、何があんのかドキドキで、
料金所なんてのもマックのドライブスルーみたいなもんなのか、
まぁ、いつも乗せられて運んでもらってるから、とにかく心初者なんです。

こっ、ここを右折していいのかな???


なんとか乗れて、うんうん景色もイイやん。


セメントのトンネルじゃない透け透けのトンネル!?


2本目のトンネルです。一応安全運転してます。

『速度落とせ』

落とします。
んっ?『終点』?

『出口』

えっ?出口?


あれ?ココどこ?


とにかく前の車について行って、その先に見覚えのある木が。



『ヤッシーパーク』
所要時間5分。

私のドキドキは・・・。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0

やっと春らしくなってきた今日この頃、みなさんの周りの環境も変わっているのではないでしょうか?
学校や職場、ご近所さんなど、お隣のお席の方が変わったりで、
なんとなぁ?く様子を見ながら、「◇◇さんはご出身どちら?」「これ食べる?」なんて打ち解けていこうとする、そんな季節でもありますね。

季節と言えば、
「ひやいなぁ?。ひやいわ、竹内さん。」と、林鉄ガイドもしている馬路の清岡さんが1月ごろお電話くれたことを、ほんのこの間のように思い出しますが、
あっ、そうだ!馬路といえば、3月16日に雪が降ってましたもん、
ほんの2・3週間で、こんなに気候って変わるんですね。

さて、春になったので森林鉄道遺産の広報用に、
馬路村の東川地区から安田町東島へと、北から南へ写真撮影に行ってきました。

まず最初は河口隧道(←河口隧道の詳細はこちらをクリック)へと撮影に。
1人で行ったので、カーブミラー越しに西側出入り口と証拠の私。


現在も村道として使われているので、東側の出入り口は県道12号へ繋がります。
民家の桃の花が顔を覗かせています。


その後、県道12号を南へ走らせ馬路温泉へ。
馬路温泉前のインクラインのある三宝山も今が見ごろになっている桜の山です。


そこから車を安田町へ向って走らせ、平瀬隧道(←平瀬隧道の詳細はこちらをクリック)の中からも桜が覗いている風景をパシャリ。


そしてさらに南下し、ここは安田町に唯一ある映画館『大心劇場』です。
ここの周辺の桜は360度ぐる?んと並び、見事でした。


『大心劇場』の南向きの安田川は、川のキラキラした輝きと対岸の山桜、そして若竹の薄黄緑と杉の深緑がとてもきれいなコントラストを見せています。

今週末までは桜や少し残る椿も見えて、そして若葉もキラキラしている中芸の西側・安田町と馬路村。

さぁ、どんどんあったかくなってきます。
中芸の春を探していくと、結構花や自然の見どころがありました。

この他にも、魚梁瀬の丸山公園が今週末は桜が見ごろだそうです。

みなさんもお弁当を持って、お弁当は『輝ぽーと安田』か『味工房じねん』か、田野町なら『田野駅屋』でご購入されて、行楽の春を味わってみてください。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 0