今日4月10日(日)、職場による前にふらっと呼ばれた場所、『二十三士温泉』。


安芸郡田野町の奈半利川橋西詰めを北側に入るとあります。


奈半利川を前に桜がきれいですね。


お花見に来ている家族やお仲間連れのグループがたくさん賑わっていました。


ここが『二十三士温泉』。
住所:安芸郡田野町636?1
?:0887?32?1210
営業時間:(入浴)7:00?21:00 (宿泊)IN15:00? OUT?10:00
定休日:年休無休


幕末の世、土佐勤王党弾圧で投獄された武市半平太(瑞山)らを釈放と勤王党の思いを貫くため嘆願書を差し出したものの、調査もないまま処刑となった、清岡道之助率いる23人の若き志士の無念と継承するため、この『二十三士温泉』ができ、処刑の地である河原は『二十三士公園』となりました。





その北側に車を走らせると、森林鉄道遺産の立岡第二桟道(←詳しくはこちらをクリック)があります。
今日は晴天で田んぼにはれんげ花がびっしり咲き誇り、すっごく春らしくってきれいでした。

半径500メートルの範囲で幕末から昭和にかけて、土佐勤王党・清岡道之助、二十三士、浜口雄幸、森林鉄道などなど歴史がたくさんあることに驚きとまだまだあるんじゃないかと探究心が湧いてきました。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2