魚梁瀬丸山公園の新駅舎

2011.03.26

|Category:

春です。
ふきのとうがビッシリと春の暖かさを浴びています。

さてここは馬路村魚梁瀬の丸山公園。


3月19日に取材が入り、丸山公園に行ってきました。

馬路村魚梁瀬で森林鉄道時代に営林署や土場、複数の線路があり機関車やトロッコが行きかった、
にぎやかに人々が生活していた場所です。
昭和30年代にダム建設の流れで、その活気ある場所はダムの下に沈み、
新たに丸山台地を作り、住民のみなさんは移住を余儀なくされました。

現在その台地は丸山公園として、当時、活躍し復元・修理した機関車が走っています。

現在の森林鉄道体験乗車の駅舎ですが、
お客様が乗りやすいように、同じ公園内に新たな駅舎を只今建設中です。


これが建設中の新駅舎。


切符売り場に、


左がホームと線路が見え、右側は男女別のトイレがあります。


そして子供たちが遊べる遊具もあり、春からはすこしずつにぎやかになるでしょうね。


完成は4月上旬を予定。
その頃には丸山公園も桜がいっぱい咲くので、
みなさんお弁当を持って、いやっ、お弁当なしでも公園内の『杉の家』でお食事もできますので、
暖かい日にはぜひ丸山公園で春の行楽を楽しんではいかがでしょう。


気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村



コメント/トラックバック 0