こんなお菓子いいなぁ・・・

2011.02.10

|Category: 日記

今日は『こんなお菓子を森林鉄道のグッズにしたい!』
というものをお送りします。


まずはこれ↓

田野町の銘菓『鮎せんべい』と『やなぜ杉羊羹』
林鉄当時の駅舎には「やなぜ」と書いてあったんです「やなせ(魚梁瀬)」は。
すごいロマンがあるっていうか、明治以前は奈半利川や安田川から流して運搬した杉、
その後、機関車で運ばれた杉、そんな姿が感じ取られます。

こんなお菓子を作りたいと思ってたのに・・・、先超されたっ。
でも創業大正7年には絶対勝てませんね。


次にこれ↓

やっぱり『バームクーヘン』でしょう。
森林だもん。
杉だもん、ヒノキだもん。木がいっぱいあるもん。
抹茶や青ノリをかけて、苔をイメージするバームクーヘンもイイと思うんですよねぇ?。

間伐や枝打ちの担い手が減ってきている、山が荒れている、日本木材が売れない今、
本当は羊羹やバームクーヘンなんて作っている場合ではないんでしょうが、
だからってじっとしてても仕方なし、
商品の工夫によっては、林業社会とも協同できるんじゃないかなぁと思う毎日です。

ランキング参加中!
気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

コメント/トラックバック 2