Home >> 魚梁瀬森林鉄道西谷支線跡の遺構探索

魚梁瀬森林鉄道西谷支線跡の遺構探索

2016.03.06

|Category:イベント報告

高知人文社会科学会 2015年度公開シンポジウムの一環として、中山を元気にする会と、中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会がシンポの翌日、3月6日(日)に企画した「魚梁瀬森林鉄道の遺構を訪ねる」モニターツアーは、天候の関係で、奈半利町・田野町の林鉄遺構や文化財を巡るコースは実施されたが、北川村西谷支線を探索するコースは、高知県観光コンベンション協会よりストップがかかり実施されなかった。

しかし、県外からシンポに出席をされ方で西谷支線跡を是非見たいという申込みがあり、個人的な取扱として中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会の矢田副会長、清岡会長の案内で3名の方を案内した。

—————9:00 田野町ふれあいセンター(出発)-西谷事業所跡-木橋ーインクライン跡-馬路さま祠-切通や素掘りの隧道跡-長山橋脚跡-加茂隧道-立岡桟道-田野駅-ふれあいセンタ(着)—————-

素掘りの隧道跡(西谷支線)
IMG_1664
調査がまだ十分なされていないので詳しい事が分かっていないが、洞窟の一部を素掘りして森林鉄道の隧道として使用していたのではないかと思われる。この隧道の周辺には軌道跡の石積みも多く残っている。

切 通 し(西谷支線)
IMG_1666
切通しが連続して続き、その先に隧道がある。

長山橋脚跡(西谷支線)
IMG_1671
本線(魚梁瀬森林鉄道奈半利川線)より西谷支線に入って直ぐの場所にある。

コメントを記入してください

  • 名前 ※必須(ニックネームでも可)
  • Eメールアドレス ※必須
    (will not be published)

コメント