Home >> 魚梁瀬森林鉄道シンポジウム開催のお知らせ

魚梁瀬森林鉄道シンポジウム開催のお知らせ

2016.02.12

|Category:お知らせ

2016年3月5日 土曜日 (13:00-17:00) に集落活動センターなかやま(高知県安芸郡安田町正弘)で ”魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興” というテーマで高知人文社会科学会主催による公開シンポジウムが開催されます。

また、会場となる集落活動センターでは、魚梁瀬森林鉄道ジオラマ展や、高知県内の森林鉄道関係の写真、四国森林管理局の貴重な資料などを展示するコーナー(10:00-17:00)も同時に開催されます。

あわして、翌3月6日には特別企画として、通常、案内なしで行く事が困難な森林鉄道支線軌道跡探索コースや、田野町・奈半利町の街並みと周辺林鉄遺構を巡るコースの見学会が行われます  (シンポジウムや遺構探索などの詳しい日程や内容については、下記を見て下さい)
プリントプリント
               
             高知人文社会科学会 2015年度公開シンポジウム
・テーマ  魚梁瀬森林鉄道を通じた地域再考と地域振興
・会 場  集落活動センターなかやま(高知県安芸郡安田町大字正弘1538)
・日 時  2016年3月5日(土)13:00-17:00
・プログラム
第 1 部  
13:00-13:05 開会挨拶 吉尾寛(高知大学人文学部 学会長)
13:05-13:20 趣旨説明 木幡尚(高知人文学部)
13:20-14:20 基調講演1 脇野博(岩手大学教育推進機構)
        「日本における森林資源開発と森林鉄道の展開・衰退」
14:20-14:50 基調講演2 赤池慎吾(高知大学地域連携推進センター)
        「国有林経営における魚梁瀬林業の位置づけ」
14:50-15:00 質疑応答
15:00-15:20   休   憩  
第 2 部 
15:20-15:30 趣旨説明
15:30-15:40 地域と関わる活動の報告1
        清岡博基(中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会会長)
        「魚梁瀬森林鉄道、保存・活用のこれまでの取り組み」
15:40-15:50 地域と関わる活動の報告2
        中村茂生(安田町ふるさと応援隊)
        「集落活動センターなかやまの森林鉄道観光活用拠点化に向けての試み」
15:50-16:00 地域と関わる活動の報告3
        岩佐光広(高知大学人文学部)
        「高知大学による魚梁瀬森林鉄道に関する調査について」
16:00ー16:10 地域と関わる活動の報告4
         飯高伸五(高知県立大学文化学部)
        「森林鉄道遺構を活用したフィールドワーク教育ー高知県立大学文化学部による北川村での取り組みからー」
16:10-17:00 コメント・ディスカッション・閉会挨拶
※ 11:00より同会場にて「優秀修士論文発表会」も開催されますので、併せてご参加下さい。

          特別企画 旧魚梁瀬森林鉄道の遺構探索と街歩き  
・日 時  2016年3月6日(天候により中止となる場合があります)  
・ルート  Aルート 旧魚梁瀬森林鉄道 中川支線跡 馬路村魚梁瀬 6人
       Bルート 旧魚梁瀬森林鉄道 西谷支線  北川村    6人
       cルート 旧魚梁瀬森林鉄道 奈半利町、田野町周辺  20人 
それぞれのルートについては、現地の状況等について最終のチェックを行っておりますので、詳しい内容等については、来週お知らせ致します。 

中山活動センター地図

1件のコメント

  1. 谷澤良二

    はじめまして。
    魚梁瀬森林鉄道と廃線跡を活用した地域振興に興味を持っています。
    また、廃線跡の探索にも興味を持っており、現地を数回訪問させていただきました。
    安田川線、奈半利線の重要文化財に指定されている遺構とその周辺も見学させていただきましたが、支線区のことがよくわかりません。3月6日(日)の遺構探索にも参加させていただければと思っています。中川支線、西谷支線を歩くとすれば、山歩き用の装備が必要なのでしょうか?
    可能であれば、シンポジウムと遺構探索に参加させていただければと思っています。

    返信

コメントを記入してください

  • 名前 ※必須(ニックネームでも可)
  • Eメールアドレス ※必須
    (will not be published)

コメント