Home >> 「高知の森林鉄道展」オープン

「高知の森林鉄道展」オープン

2016.10.15

|Category:イベント報告

AからZで考える「高知の森林鉄道」展がオープンいたしました。
12月11日(10:00-18:00)まで、高知市の藁工ミユージアムで開催を致します(火曜休館)
会場の案内をいたしますと、まず、会場入り口で酒井の森林鉄道機関車が皆さんをお迎えします。

会場に入ると、3つのブースに分かれ、最初のブースでは大阪や東京の鉄道遺構写真展で人気があった西山芳一さん(土木写真家)の魚梁瀬森林鉄道や伊尾木林道の遺構写真を大型スクリーンで見るとこができます。
次の会場では、中央に中芸地区(5町村)の立体図が置かれ、魚梁瀬森林鉄道の路線や、重文指定になった遺構のある場所が一目でわかるようになっています。
そして、周辺には遺構のジオラマや、木材の伐採や搬出、保線などで使われた道具等が展示されています。
壁面には、重文指定になった遺構や、森林鉄道が活躍していた時代のパネル写真が展示されています。
また、森林鉄道が走っていた時代の動画が見えるコーナーもあります。
最後のブースでは、魚梁瀬森林鉄道以外の高知県の森林軌道の写真を展示しております。
IMG_1858
手前が田野貯木場(左)、奈半利貯木場(右)です。そこから森林鉄道本線が上流(上)に向って延びておりました。左の黄線が安田川線、右の黄線が奈半利川線になります。重文指定になった遺構については、名札で一目でわかるようにしております。立体図にすると中芸地区は山ばかりである事が良くわかります。

IMG_1861
木材の伐採や搬出道具、線路の補修に使われた道具なども展示しています。

高知の森林鉄道展の関連イベントの第一弾として、10月15日午後1時30分から高知大学主催でトークイベント「魚梁瀬森林鉄道が私達を魅了する理由ー研究者から愛好家まで」を開催し、魚梁瀬森林鉄道や中芸地区へのお互いの想いや魅力を語り合い、日本遺産への指定と活用に向けてどのような取組をしてゆくべきか話し合いました。トークイベント
左から松本志帆子さん(藁工ミユージアム学芸員) 岩佐光弘さん(高知大学人文社会科学部准教授)        清岡博基さん(中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会会長) 舛本茂行さん(森林鉄道研究家)          浜田光男さん(高知の電車とまちを愛する会副会長) 松井和彦さん(TBSビジョン「日本遺産」プロジューサー)   赤池慎吾さん(高知大学地域連携推進センター)

コメントを記入してください

  • 名前 ※必須(ニックネームでも可)
  • Eメールアドレス ※必須
    (will not be published)

コメント