Home >> 求む!バームクーヘン!

求む!バームクーヘン!

2011.02.28

|Category:日記

本日は少し体調不良でお休みです。

不屈の精神で、事務局に就いてから病気知らずの私でしたが、
人間も油をささないと動けなくなることを知りました。
無念です。

けどぉ?、一応『年中無休』で通している事務局なんで(ちゃんと労働条件の基準通り働いていますので・・・)、頭は動かすとして、
事務局の同僚ワッキー(山脇さん)と時々話していることで、
「森林鉄道だからバームクーヘン作りたいよねぇ?」とぼやいてます。

けどぉ?、最近料理もしていない私には『バームクーヘン』とはどんなに作るのか???

高校生の時、『ハーベスト』のショーウインドウを鼻をこするように涎を垂らしてみていたり、
幼少の頃、お祝いで『浜幸』の2段重ねの『バームクーヘン』を兄に全部取られまいと、
涙をウルウルさせながら見つめていたり、
なんだか少し憧れのあるお菓子『バームクーヘン』。

で、今やネット社会ですから、いろんな『バームクーヘン』が世に出ていることが拝見できます。

例えばコレ↓

『能登の里山 大地の虹』(おとぎの国メルヘン 有限会社メルヘン日進堂 石川県珠洲市)
五色五層のカラフルなバームクーヘンは、カボチャ、大豆、小豆、ほうれん草、紫芋を使用。

そして次は↓

『クーシュ』(ティー・パーティー 神奈川県横浜市)
真ん中の穴がない!?
3日間かけて仕上げる手焼きで、層と層の間には生クリームがサンドされているんですって。手が込んでる。

お次は↓

ハッ、ハリネズミ!?
ちょっと気色わるいですが・・・、ちゃんとしたバームクーヘンです。
『ソネンバウム』(シェフ・ドゥ・シャトー 埼玉県和光市)
太陽の光を浴びた木々をイメージしたそうで、食材もオーガニックの小麦粉やダークチョコレートを使用。

ふむふむ、みんな工夫してますね。
奥が深い『バームクーヘン』。

お腹すいたぁ?。
なんだか元気になってきました♪

中芸地区の洋菓子、和菓子店のみなさん、またはお菓子名人のみなさん。
中芸地区森林鉄道遺産の『バームクーヘン』を一緒に開発しませんか?
『魚梁瀬森林鉄道』時代を思わせる、杉や檜、安田川や奈半利川、山々の緑や紅葉をイメージして、
ストーリーを考えながら、みんなの胃袋を掴む。

柚子や鮎、ナスやイチジクのまるごと入った『バームクーヘン』なんて
ココでしか買えないモノになるかもしれませんよ。

ご興味ある方、作ってくれる方は、事務局までお便りください。
◎中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会◎
 <事務局>住所:安芸郡安田町東島2017番地 中芸広域連合内
    ?&fax:0887?38?8555
  email:chugei.rintetu@gmail.com


ランキング参加中!
気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 廃線・未成線へ
にほんブログ村

コメントを記入してください

  • 名前 ※必須(ニックネームでも可)
  • Eメールアドレス ※必須
    (will not be published)

コメント