Home >> モニターツアー第1弾【part1】

モニターツアー第1弾【part1】

2011.02.21

|Category:

2月18日(金)、19日(土)と、
『地元ガイドがご案内する 土佐の秘境 魚梁瀬森林鉄道遺産巡りツアー』と題した
本会主催のモニターツアーを行いました。

今回の対象モニターは、メディアや広告、旅行企画など、『見せる』現場で活躍されている方々で、
森林鉄道を含めた中芸地区の観光を、どうやって見せていけばいいか、何が必要なのか、
をご伝授していただこうと開催しました。

さて、まず高知駅から高知空港、安芸駅とモニターのみなさんを順にお迎えし、
中芸地区の最初の見学場所は、田野町の『田野屋塩二郎』さん。



実際に手に触れて塩づくり体験もでき、完全天日塩製法を頑として守った本物です。



続いて昼食場所へ移動し、安田町『味工房じねん』へ。
『味工房じねん』の伊吹さんです。


今回特別の『じねん+林鉄セット』です。
じねん丼と自然薯汁と鮎の塩焼き。


これはきゅうりを間引いたものをお漬物にしています。お酒のアテにぴったり。


次に大福づくり名人による、『苺大福作り体験』です。
「赤いのをちょっと見せてお化粧せないかん」と名人からご指導いただき、
みなさん初の大福づくりに悪戦苦闘。


この安田町ではじっくり育てた甘い苺が数少ないですが採れます。
『苺+文旦大福セット』のできあがり。


さて、続いては同じ安田町の『大心劇場』で昔の映画ポスターがズラーと勢揃い。
懐かしく思われ遥々遠方から来るお客様いるとか。


このポスターは約20年前に馬路村魚梁瀬ダムで加藤登紀子さんのダム湖畔コンサートのポスターです。


『大心劇場』のご主人豆電球さんは、歌手としても、そしてこの映画館の館主として
昔ながらの手書きの看板を作成しています。
この『大心劇場』の前も森林鉄道の軌道跡なんです。


その軌道跡をみなさんで歩いてみました。


今回の森林鉄道のガイドは大木さんです。
約4?、隧道と呼ばれるトンネルを二つ(この日はバンダ島隧道とオオムカエ隧道)、赤い鉄橋の明神口橋までウォーキングでした。


そして、馬路村に入り当時の様子が少しでも実感できるゴミ隧道の線路まで降りてみました。
この日は暖かい日だったので、少し歩いても体がポカポカするイイ日でした。


そして18日最終の場所『馬路村農業協同組合』です。
加工場で説明を聞き、同じ敷地内にある3月下旬に稼動する化粧品工場も見せてもらいました。


去年2010年の農協のカレンダーは森林鉄道を12か月の絵にしています。

さてさて、2月18日の行程はここまで。
part2へつづく。



ランキング参加中!
気に入ってくれた方はクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

コメントを記入してください

  • 名前 ※必須(ニックネームでも可)
  • Eメールアドレス ※必須
    (will not be published)

コメント