犬吠橋の崩落補強工事

2017.05.27

|Category: お知らせ

崩落の恐れがあった魚梁瀬森林鉄道「犬吠橋」(重要文化財)の崩落補強工事が行われた。
この橋は、当初は木橋であったが、大正13年に蒸気機関車の導入で鋼トラス橋に架け替えられ、その後、昭和36年の廃線道路化で車道として今日まで利用されてきた。
犬吠橋補修工事1
犬吠橋補修工事2

コメント/トラックバック 0

文化庁の平成29年度「日本遺産」に、高知県中芸地区(安田町・田野町・奈半利町・北川村・馬路村)の魚梁瀬森林鉄道やユズなどからなるストーリー「森林鉄道から日本一のゆずロードへ」 ”ユズが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化” が認定をうけました。
以下、高知新聞の記事を掲載いたします。

日本遺産認可記事(高新)_0001

日本遺産認可記事(高新)_0002

日本遺産認可記事(高新)_0003

コメント/トラックバック 0

日本遺産、第4回合同部会開催

2017.01.14

|Category: 活動報告

昨年度、「魚梁瀬森林鉄道」日本遺産推進協議会を結成して取り組んできた平成29年度日本遺産の申請に向けての取組は、1月14日に奈半利町役場でストーリーおよび、活性化策の合同部会が開催され申請に必要な案を取りまとめた。
この案は1月18日に開催される協議会総会に諮り、今月中に文化庁に認定申請を行う予定をしている。
日本遺産新聞4回目

合同部会開催に先立ち、中芸5町村持ち回りで開催している第5回日本遺産連続講演会が奈半利町で開催された。
IMG_1962
文化と観光-地域住民が気づかない地域の魅力-というテーマで、旅の文化研究所所長 神崎宣武氏 に講演をしていただいた。
講演の最後に神崎所長より、「時間がかかってもよいから、森林鉄道跡で機関車を走らす事に挑戦してください。」という一言をいただき、気持ちを新たにした

コメント/トラックバック 0

中芸地区5町村持ち回りで開催している日本遺産連続講演会が北川村モネの庭「マルモッタンフローラルホール」で開催された。
今回は、日本観光振興協会総合研究所長の 丁野朗 さんに「日本遺産の可能性と期待」~地域文化資源・魚梁瀬森林鉄道をどう活かすか~というタイトルで講演をして頂いた。
講演内容は、1.観光は「物語消費」 2.日本遺産とその活用事例  3.「魚梁瀬森林鉄道」をどう生かすか という3つのテーマに沿ったお話であった。
その中で、魚梁瀬森林鉄道の歴史を地域が自ら掘り起こし、誇りと自信を取り戻す事がまず重要であるという指摘や、全国あるいは世界の森林鉄道に取組んでいる仲間と広域連携を図って森林鉄道の魅力を発信していく事がこれからは重要でないかというアドバイスが心に強く残った。
丁野朗講演

高知新聞記事(2016.12.24)
丁野朗講演

コメント/トラックバック 0

加茂隧道でライブ開催

2016.11.19

|Category: イベント報告

高知市の藁工ミユージアムで12月11日まで開催中の「高知の森林鉄道」関連イベントとして、北川村「加茂隧道」で隧道ライブを開催しました。

加茂ライブ(高知新聞28.11.19)
IMG_1944

コメント/トラックバック 0

本日、11月19日(土)開場13:30 開演14:00~16:00の
「隧道ライブ」は予定通り、決行します。

雨で足元が悪いのですが、
出来るだけ楽しんでいただきたいと思いますので、
どうぞお越しください。

なお、中学生以下は無料ですので
お子さんと一緒にぜひ聞きに来てくださいね。

出演者の宮尾知明さんは、ラップ調の「九九の歌」も作り、
高知県保育所保護者会の顧問も務め、
楽しい土佐弁ラップも歌ってくれます。
中芸地区で歌うのは珍しいので
この機会にぜひお聞きください。

温かい飲み物やカイロなども用意してお待ちしておりますので、
みなさまお気をつけていらしてくださいね。

中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会 隧道ライブ部会

コメント/トラックバック 0

犬吠橋交通止による迂回路完成

2016.11.13

|Category: お知らせ

犬吠橋が崩落の危険性が発生したことから交通止めになり、迂回路を橋の上流部に建設していましたが、道路の舗装や、のり面の吹き付け工事等も終わり迂回路が完成した。

この迂回路完成によって、鉄橋の上流部から橋の全景が見えるようになったことから、芦屋市の舛本成行さん(森林鉄道研究家・馬路村観光大使)が見学にこられ、中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会の清岡会長が案内をした。
(トラス橋の全景が見えるようになっただけでなく、木橋時代の石積の橋台跡も見えるようになった)

また、井ノ谷橋木橋橋台跡、釈迦ケ生の安田川線、奈半利川線の分岐点位置調査も行った。
(釈迦ケ生出身で、現在は県外に出られている方でユズ採りに戻られている方や、一人だけ釈迦ケ生で生活しているお婆さんに分岐点の場所や、林鉄が走っていた時代の話を聞くことが出来た)IMG_1893

コメント/トラックバック 0

中芸5町村を持ち回りで開催している魚梁瀬森林鉄道日本遺産連続講演会が田野町ふれあいセンターで開催された。
今回は、高知県出身で現在、岩手大学農学部准教授、山本清瀧先生に「地域の遺産を生きた遺産とするために-国内の他の観光地の事例に学ぶ-」というテーマで講演をしていただいた。
取組事例紹介の中で、「登山」と「歩く」観光がブームになってきており、富士登山などにおしゃれな女性登山者(山ガール)が急増(10年間で約10%増)しているという話があり、森林鉄道支線跡を歩く取組を始めている私達にとって大きな自信となった。
IMG_1902

コメント/トラックバック 0

加茂隧道の草刈(ライブ開催のため)

2016.11.11

|Category: 活動報告

ライブの開催を予定している「加茂隧道」の草刈を、中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会の役員さんが行いました。
昨年、ライブを開催してから草刈を行っていなかったのでトンネルや駐車場周辺の草が大きく茂っていました。
開催日時: 11月19日(土)14~16時
場  所: 北川村 加茂隧道
料  金: 1,500円
問い合せ: 中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会事務局
       TEL  080-6721-3074(中村)
IMG_1887

コメント/トラックバック 0

隧道ライブ開催のお知らせ

2016.10.26

|Category: お知らせ

藁工ミユージアムで開催している「高知の森林鉄道」関連イベントとして、加茂隧道でライブを行います。
主  催 : 中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会
共  催 : 藁工ミユージアム
特別協力 :「魚梁瀬森林鉄道」日本遺産推進協議会

開催日時 : 11月19日(土)14~16時
場  所 : 北川村 加茂隧道
料  金 : 1,500円 ワンドリンク付き
チケット販売:北川村役場産業課・道の駅田野駅屋・喫茶アクセス・安田まちなみ交流館「和」・藁工ミユージアム
定   員 : 30人
出  演  者:宮 尾 知 明 (ビッグバンド 「バリアフリーブラス」 コンサートマスター)
            kasumi-カスミ  (ポップスを歌い、絵画も手掛けるアーチィスト)

問い合わせ、チケット予約
    中芸地区森林鉄道遺産を保存・活用する会事務局
     TEL 080-6721-3074(中 村 )                                        
 

- ライブを行う加茂隧道-
IMG_1094この加茂隧道は、魚梁瀬森林鉄道奈半利川線の一番目の隧道として建設されております。
奈半利川線は、田野から二股までの第一期工事が昭和6年に5工区に分割して行われ、この加茂隧道もこの時、建設されました。
隧道の断面は馬蹄型で、全長28.1メートル、内法高さは3.9メートル、内法幅は路盤の高さで3.3メートル、スプリングラインで3.9メートルあります。
奈半利川線の隧道は、ダム建設の時、車道として大半が拡幅されておりますが、この隧道だけが拡幅を免れ、建設当初のままの姿を残しています。
この隧道でのライブは、昨年の東部博に続いて、今回が2回目の開催になります。
また、この周辺には、道路の山側に石積擁壁が沢山残っており、また、立岡桟道、法恩寺や八幡山の跨線橋、長山支線の橋脚などの遺構があります。

コメント/トラックバック 0

1 2 3 4 5 6 21